夢を成し遂げるためには?

40代50代に最適!主婦のための在宅ワーク、アフィリエイト講座!

50代主婦が在宅で月20万以上アフィリエイトで稼ぐ方法!人生経験をネットビジネスで活かし豊かに楽しく暮らそう!

夢を成し遂げるためには?

 


夢を成し遂げるためには?

夢を成し遂げるためには?

 

マインドから始めり、たくさんのことが必要ですが、今日は、「夢」について

 

 

私は、

ほんと、数年前までは、夢なんてなかったんです。

 

 

 

マイホームのローンも終わり、

子供たちの元気な姿と、

少しばかりの自由なお小遣いと、

 

友人たちと趣味が楽しめて、

そして、好きな仕事と、

もう、それで満足していたんです。

 

ほんと、数年前までは・・・

 

 

というか、今思えば、

夢見ちゃあいけないと思っていたんでしょうね。

 

南の島に行きたい!とか、

贅沢に過ごしてみたい!とか

そんなこと、考えてはいけないと思ってました。

 

 

ほんと、数年前までは・・・

 

しかし、夫のリストラと子供の進学が重なって、

「私が何とかしないと!!」

と、稼ぐことに興味を持ったんです。

 

 

そして、アフィリエイトの世界を知れば知るほど、

「頑張れば、稼げる!」ということがわかりました。

 

 

稼げたら、今まで考えていなかったことが現実になる!

おぉ~!!。

 

 

夢が現実になる。

 

 

嬉しいじゃあないですか?

そこで、まず私はこう思ったのです。

 

 

もし、稼げたら、

 

 

 

「カーテン変えたい!」ちっちゃ~い

 

 

 

一番に思い浮かんだのが、これ!!

カーテンを変えたい!!

 

 

 

 

いやぁ~、主婦ですね。

もう、15年使っているカーテン、

洗ってもきれいに見えないし、もう、変えたいじゃないですか!!

 

ねっねっ!

でも、それ、我慢してたんです。

 

 

 

でも、今は違いますよ~♪

 

 

稼げる!とわかったら、

夢ができました!!

カーテンとかっていう、ちっちゃい夢じゃないです。

 

 

私の中で、夢を見ちゃあいけない!

と思っていたベールがはがれたようです。

 

 

 

 

明確な夢ができました。

 

 

注)夢は明確にしないといけないです。

 

こうなったらいいな~とか、

これぐらいあればなんとかなる?

とか、あいまいではダメです。

 

 

 

 

さて、

 

それから、

 

それをかなえるためには

どうしたらいいかを考えます。

 

 

夢を成し遂げるために、

「夢に向かっての目標」

これを明確にするのです。

 

 

 

中途半端じゃあだめですよ~。

その夢を達成するためには、どうしたらいいのか?

 

 

真剣に考えるのです。

寝ても覚めても、徹底的に考えるのです。

 

 

 

多くの成功者の方は、

 

これをやる!と決めたら、

そのことばかりを考えいるようです。

 

いつも、いつも、

 

車に乗っているときも、

食事しているときも、

お風呂に入っているときも、

トイレの時も、

 

いつも、いつも、

 

考えているのです。

 

 

 

そうすると、

潜在意識に刷り込まれ、

自然と目標達成のための

行動ができるようになります。

 

もう、そうなったら、あなたのものですよ~♪

 

 

もう、道ができたのですから、

 

そこに進む道ができたのですから、

 

あとは、突き進むだけです。

 

 

 

夢を描いたら、

 

「こうなりたい!」

ではなく、

「こうなっている!」

と思い込むのです。

 

 

潜在意識に叩きこまれて、

自然と、目標達成のために、行動できます。1

 

 

さあ、あなたも、

 

夢への道を、しっかり考えて、

 

どうしたら、そこへ行けるのか?

 

考えてみましょう!!

 

 

 

一つ一つ、書き出しぐらいにして、道筋を決めるのです。

 

小さな目標を間に入れてもいいです。

 

 

 

 

「こうなったらいいな~」では、ダメですよ^^;

 

 

そう思っているときは、

 

ずっと、そう思っているだけになっちゃいますからね。

 

 

 

 

 

カテゴリを変えました。「今、何位?」

皆様のおかげです!!本当にありがとうございます♪

 

 

タグ :    

みりんが考える「みりんのマインド」    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: