究極の差別化 新世界マーケティング

40代50代に最適!主婦のための在宅ワーク、アフィリエイト講座!

50代主婦が在宅で月20万以上アフィリエイトで稼ぐ方法!人生経験をネットビジネスで活かし豊かに楽しく暮らそう!

吉野屋とmixi 新世界マーケティング

 


吉野屋とmixi 新世界マーケティング

究極の差別化とは?28回目

 

 

今回の28回目の内容は、『究極の差別化』についてでした。

 

 

 

少し、間が空いてしまいました。

 

 

どこまで、書いていいのか、わかんないから、

書けなくなっていました・・・ていうのは、言い訳で。。。

 

 

 

 

さて、カリキュラムを進めていきますね。

 

 

まだまだ、序盤ですから!!

 

 

 

 

28回目 「吉野屋とmixi」のお話です。

 

mixi、あなたは、まだ続けられていますか?

 

 

私は、ハマりにハマって、

気になって、パソコンばかり見ていました。

 

その中は、情報の宝庫だし、

 

たまたま私が興味を持っていた、

 

あるコミュニティは、

 

すごくにぎわっていて、

見に行くたびに新しい記事が増えていて、

楽しかった記憶があります。

 

 

記憶があるということは、今は?

 

 

今は、どうなっちゃったんでしょうか?

 

いつの間にか、衰退した?

 

 

お友達がmixiに投稿するとメールが届くんだけど、

 

途中から、フォルダを作って振り分けするようになって、

 

いつの間にか、お友達も投稿しなくなっていました。

 

 

衰退の原因を少し調べてみました。

 

多くの意見は、FaceBookとツイッターの登場で、

そちらに流れてしまった。

 

と、いうことが書かれていました。

 

 

 

みんてぃあさんが考えるmixi衰退の理由は?


 

TwitterやFacebookが台頭してきた頃、

mixiは独自の機能である「足跡」を消して、
機能をTwitterやFacebookに近い形にしはじめました。

そこから、衰退がはじまった(と個人的に思う)のです。

 

 

折角、自分にしかない独自の世界を、
自ら壊して、他人の作った土俵で勝負しようとし始めたのです。

結局、どれも「中途半端」になってしまったmixiはユーザーが激減し、
TwitterやFacebookに負けてしまったのです。


 

 

 

 

自分だけの世界を持っていれば、

その価値に共感した人たちが集まるけど、

 

他のところのマネをしたばかりに、

 

他の人の作った土俵で勝負しようとし始めて、

 

「中途半端」なってしまったということです。

 

 

 

dohyo

 

 

このmixiからもわかるように、

 

「同一直線上で勝負する」と、

 

ライバルが多いので、価格競争になってしまうのです。

 

 

「同一直線上で勝負しない事」

 

そうすれば、勝負する軸が違うので、ライバルはいない。

 

 

ということなのですね。

 

 

 

他が「ああやっているから」と真似してしまうと、

中途半端になってしまうんですね。

 

 

みんてぃあさん、今日も気付きをありがとうございました。

 

 

 

 次回は、第27回です。

 

 

カテゴリを変えました。「今、何位?」

皆様のおかげです!!本当にありがとうございます♪

 

 

タグ :      

新世界アフィリエイト実践記    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: