なぜ?アフィリエイターなのですか?

40代50代に最適!主婦のための在宅ワーク、アフィリエイト講座!

50代主婦が在宅で月20万以上アフィリエイトで稼ぐ方法!人生経験をネットビジネスで活かし豊かに楽しく暮らそう!

なぜ?アフィリエイターなのですか?

 


今、私は、なぜ?アフィリエイターを続けているのか?

 

 

bunbougu_kokuban

 

 

 

それは、やっぱり楽しいからでした。

最近、楽しいって思えるのです。

 

 

過去を振り返ると、ダメダメでした。

何にもできませんでした。

 

 

頭の中では、
「こういうものを作って、配置して・・・」
なんて、思っても、思うだけ。

 

 

ぜんぜん、手を動かしていないのでした。

 

 

 

それって、なぜかな?って考えてみたら、

「さあ、がんばろ~!!」と思って、
始めるのだけど、

数時間も作業すると、

 

果てしない作業量だと気が付いてきて、
それだけの時間をかけて、
果たして、なにかに繋がるのだろうか?

と、

 

 

だんだん、
悪魔のささやきが聞こえてくるのですね。

 

 

 

 

それでも、踏ん張って進めていくと、

 

今度は、

「あ~、ツールの使い方がわからない!!」とか、

「うまく、設置できない!!」とか、

そんなことになってくるのです。

 

 

だんだん、最初の意気込みはどこへやら・・・
いつしか、面倒くさくなってきて、

 

結局、少しだけ作ったまま放置です^^;

そのあと、見るのも嫌になって

 

・・・

 

 

 

123

 

 

そして、お決まりの3日坊主ですね。

 

 

そんなことをしてきた私が、
なぜ、アフィリエイターを続けているのか?

 

 

それは、やっぱり楽しくなってきたからです。

 

アフィリエイターって、すごくやりがいもあるし、
仲間もいて、楽しいと思うんです。

 

 

 

さてさて、今日は、日頃から思っていたことを書いちゃいます。

 

「チェーン店」です。

 

 

 

私も含めて、多くの初心者さんが、
「ブログに何を書いていいのかわからない」
という、悩みを持っているんですね。

 

そこで、教材に頼り、

教材通りに進めると、

「チェーン店」となるわけです。

 

どのお店に入っても、あまり変わり映えなく
同じように見えてしまうことです。

 

 

チェーン店は、どのお店に入っても
同じ品質で同じ料金、サービスもマニュアル化されている。

これは、チェーン店だからいいのです。

 

 

どのお店に行っても同じだから、安心して入れます。

だけど、私たちアフィリエイターは、
同じではいけないのです。

 

 

私たちアフィリエイターのお仕事って何でしょう?

ただ、アフィリリンクを貼っておくだけのお仕事でしょうか?

それだとしたら、あなたから買う理由がないですよね。

 

「あなたから買いたい」

 

 

こう、思っていただかないといけないのです。

「チェーン店」だったら、

「あなたから」でなくても、

どのお店でも同じです。

 

 

それでは、自分の価値がなくなってしまいます。

自分だけのサイトを作っていかないといけないのですね。

私も、まだまだ、これからです。

 

ここで、先ほどの言葉になるのですが、

「ブログに何を書いていいのかわからない」

 

これって、

私もそうだし、初心者の頃ってみんな同じことを迷うんですね。

何書いていいのかわからないですよね。

 

一般的に売られている教材通りに進めたとしても、

それこそ、「チェーン店」になっちゃいます。

 

 

 

 

だから、私は、こう考えます。

たまには、

ちょっとだけ、苦しんでみませんか?って。

 

 

真っ白のワードプレスに向かって、
書けない時間を苦しんだ人のほうが、

もしかして、すごい経験をしているのでないか?

ということです。

 

 

悩んでも欲しいのです。

悩んだ時間が多いほど、
自分は成長している。

 

 

と、思ってみたら、楽しくなりませんか?

苦しくても、ぶつかって、
間違っていても、つき進めていく

 

 

もちろん、自力で進めていくので、
間違いもあれば、方向もぶれます。

 

 

でも、それもありなのかな?と

その積み重ねが自分を成長させてくれるのではないかと
ふと思うときもあるのですね。

 

 

自分の言葉で、自分がいいと思ったものや、
自分が経験したこと、
自分だけの考えを
心から書いてみませんか?

 

 

 

きっと、あなたに共感してくれる人が出てきてくれます(^^)v

 

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

タグ :  

みりんが考える「みりんのマインド」    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: