50代主婦の月収20万以上稼ぐアフィリエイトの秘密。無料塾開講中!ビジネス講座で収入を!!

40代50代に最適!主婦のための在宅ワーク、アフィリエイト講座!

50代主婦が在宅で月20万以上アフィリエイトで稼ぐ方法!人生経験をネットビジネスで活かし豊かに楽しく暮らそう!

解答 地下王国マーケティング プロデュースされたい人!解答編


解答 地下王国マーケティング プロデュースされたい人!

解答 地下王国マーケティング プロデュースされたい人!解答編 新世界アフィリエイト実践記 24日目

 

 

24回目です。

 

かなり、解答編が遅くなってしまいました^^;

 

 

 

さて、前回の問題は、こちら↓

 

課題は、

 

誰も、プロデュースもジョイントもしなかった理由は何だったのか?

 

でした。(前回の記事はこちらから)


 

 この

「僕と一緒にジョイントしませんか?」

 

 

という質問を聞いたとき、あなたは、どこまで考えられましたか?

 

 

 

 恥ずかしながら、私は、

「やったぁ~! みんてぃあさんとジョイントできる!!」 

「このセミナーに参加してよかった~(^^)/」 

「早い者勝ちかもしれないから、早く手を挙げなきゃ・・・」 

「みんてぃあさんって、親切な人なんだ~、うれしい!!」 

「頑張んなきゃ!!」 


 

どこまでノー天気なんでしょう~。

 

解答を読んで、顔から火が出ました。

 

 

 

 

 

 

本当のチャンスを掴めるのは、

 

 

本質を見抜いて、ある程度準備ができている人だけです。

 

 

 

 

あくまで、

・相手に提示できるメリット

・自分の理念(目指している理想の未来)

 

をしっかりと伝える事ができる事が最低条件なのです。


 

 

 

むやみに、手を挙げちゃだめです。

 

 

ガーン! 

むやみに手を挙げてました・・・私。。。

 

 

 

 

 

 

そうなんです。

 

世の中、甘く見ちゃあいけません。

 

 

 

 

みんてぃあさんが、なぜ、初心者の人に向かって、

 

ジョイントしませんか?って声をかけたと思いますか?

 

 

 

 

お互いメリットがなければ、声かけないですよね。

ビジネスの社会ですから。

 

 

 

 

 

何も考えずに、ただただ「ラッキー♪」と思って参加してる人は、

 

すでに、相手にされなかったのです。

 

 

 

 

 

まず、すぐに手を挙げた人、(ハイハイ、私ですっ!)

 

「チャンスがあったら即座に行動する」マインドです。

 

これは、いいことだそうです。

(おっ!、やっと褒められた~)

 

 

 

 

ただ、この「チャンスがあったら・・・」というところをよく考えないといけないのです。

 

 

 

 

本当に、これがチャンスなのか?

 

とりあえず、チャンスかもしれないと思って手を挙げただけなら、

せっかくのチャンスだとしても、この

チャンスを活かしきれずに終わってしまい、

逆に、チャンスではないものをチャンスと思い込み、
騙されてしまう可能性すらあります。

 


 

 

 

 

この

「僕とジョイントしたい人いますか?」

 

という質問に対して、

 

 

 

「ジョイントできたら一気に有名になるし、稼げる!」

 

 

これって、誰もがすぐに思いつくことなんですって。

 

そりゃそうですよね。私もそう思ったんですから。

 

このレベルは、【ステージが低い】となるんですって。

 

 

 

 

 

【ステージの高い人】は、

 

 

相手の立場(この場合、ミンティアさん)に立って、考えます。

 

 

 

「何故、この人はこんな提案をしているのか?」

 

 

 

それを考えるのです。

 

 

 

 

初心者の人達の集まりで、
「JVをしたい人」「プロデュースされたい人」
を聞くメリットって何でしょう?

 

2つあるそうです。

 

 

目からうろこの1つめ 

「JVしたい人」「プロデュースして欲しい人」というのは建前で、

それに唆(そそのか)されて乗ってきた人に、

高額なものを売りつけよう(つまり搾取しよう)としている。 


 

 

 

目からうろこの2つめ 

 まだ成功していないけど、センスのある人、

既にステージが高くて何かのきっかけで一気にブレイクしそうな人、

あるいは、既に良いコンテンツやスキルがあって集客だけ困っている人のみを対象にしていて、

そういった人をデビューさせてあげようとしている。


 

 

 

この1番か2番を瞬時に見抜かないといけないとのです。

 

しかも、

 

「集まりがある」という時点で、あらかじめ想定しておくべき事なんですって。

 

 

 

そして、

 

 1の場合、

 

恐らく、上に挙げた様な事を一切考えず、
「チャンスだ!!これでプロデュースしてもらって、
一気に有名になれる!!」
って思っているだけの人は残念ながら搾取される。


 

 

 

だから、容易に手を挙げるのではなく、

 

かといって、ただ眺めていてもダメです。

 

相手の上をいく戦略が無いかもと思索しないといけないのだそうです。

 

 

 

2の場合

自分達を搾取の対象として見ているのではなく、 

面白そうな人がいれば成功させてあげたいという純粋な気持ちで言ってくれているので、
自分を選んでもらう為にはどうすれば良いか、を考えないといけません。

 

・自分は相手にどんなメリットを提供できるか?

・相手がどういった事を望んでいるか?
・相手が理想としている未来は何で、自分はどう貢献できるか?

 

あらかじめ想定し、ある程度固めておくべき事です。


 

 

 

この本質を見抜かないと、
良い様に使われて終わり・・・なのだそうです。

 

 

 

そこまで、本質を見ないといけないのですね。

 

日頃から、あらゆることを想定して、

とっさの時に、相手がメリットになるような

提案ができないといけないのです。

 

 

 -------------------------------------

今回に限らず、この実践編の内容は、

 

私が(みりん風)に解釈した内容です。

 

 

教材の一部は抜粋しましたが、

私の考えになっている部分も多々あります。

 

これが、教材の内容だと思わないでくださいね。

 

 -------------------------------------

 

 今日も、読んでいただきありがとうございました。

 

 

 次は、25回目です。